2015年07月17日

あの「伝説の男」に会う。

昨日のこと。

仕事が忙しくなってきて、せっかく取れた休みなんだから、家でゆっくり・・・、
という気持ちを抑えてでも、どうしても行きたいところがあった。

私は有楽町にいた。

ヒューマンキャピタル2015というイベントに参加するために。

このイベントは「企業の人事・組織戦略・人材関連サービスのための専門イベント」と
あるとおり、どっちかというと人事系の会社がブースでいろいろサービスを紹介する
というもので、私は今この仕事をしているわけではないんだけど、
まあ、勉強のために。

で。

休みだけど、事前に登録していたセミナーに朝から参加するので、
あまりいつもと変わらないスタート。

そして、私にはもう一つの「ミッション」が。これは後ほど。

最初のセミナーはあの有名なサイバーエージェントという会社の人事戦略の話。
新採用(中でのバイト経験はあり)でいきなり子会社の社長に抜擢されちゃう人とか、
20代の執行役員とか、もうわが社の感覚じゃ考えられない人事のオンパレード。
やっぱりすごい会社は人事からして違う。

いきなりそんなすごい話を聞いた衝撃で思い切り頭をぶんなぐられた後で、
何を見ても聞いても刺激に溢れ、未知の領域に踏み入れた感動でいっぱい。

そしていよいよ。

私だけのミッションスタート。

今回、ここはいろいろな企業がセミナーの中でプレゼンという形で自社のサービスを
アピールする場なんだけど、その中に大学の先生のセミナーが。

講師の名前は、岸本好弘先生。

この名前を聞いてもピンと来る人は決して多くないかもしれないが、
「ファミスタ」というゲームの名前は聞いたことがあるかもしれない。

その超有名ゲームのファミスタの生みの親、いわば「ファミスタの父」、
通称「きっしい先生」である。

この先生は、その経歴を生かし、簡単にいうと研修にゲームの要素を取り入れて、
楽しく学びましょう、という「ゲーミフィケーション」という考え方の第一人者。

ということで。
きっしい先生が事前に宿題として出してきた内容に沿って、
実際に研修をやってみるという「反転セミナー」というものだった。

これがなかなか刺激的な体験で、周りの人の体験とかも聞けて、
かなり勉強になった。

やっぱりただ座学で受け身の研修は本当につまらない。
全部の研修にそれができるわけじゃないと思うけど、
こういう要素が少しでも入ると理解度や楽しさががらりと変わるので、
ちょい足しでもいいからこういう研修が増えてくれるといいなあ。

でも、このセミナーに参加することがミッションなのではなく。

このイベントが終わり。

私はきっしい先生にあつかましいお願いをした。

「サインください☆」

私が持参したのは、ペンとファミコンの「ファミスタ」のカセット。
でも、先生は嫌な顔一つせず、快くサインしてくださいました。
そして力強く握手!!うはー。

なので、これもう、一生の宝物なのじゃ〜!!
ということで私の部屋の目立つ場所に箱に入れて飾ってあります。
勉強して情報もゲットしてお宝まで手に入れて有意義な一日だったなあ。

追伸:実はこの日のためにどうしても準備しておかなければいけないことがあった。

会場に入るための「名刺」の作成。

事前に、会場に入るために名刺をご用意ください、
との案内があり、要はカード入れに名刺を入れて首から下げて、
それが身分証明になるということらしい。
普段仕事で名刺を使わない私は、この日のために名刺を作らなければならなかった。
いろいろな印刷会社の名刺作成サービスを見て、名刺のデザインも頑張って考えて、
真面目になりすぎないよう、でもちゃらけすぎないようにと、自分用の名刺づくり。

でも・・・。

そうやって頑張って作った名刺は、
会場内のセミナーの受講がバーコード処理で行われたため、
ほとんど使わず。
でも、会場で受け取った人からは「大胆なデザインですね」「楽しい名刺ですね」
とか言われて、割と好評だった。よかったあ。
きっしい先生からも「参考にさせてください」なんて言われちゃってめっちゃ感激!!
ゲームクリエイターの人にそんなこと言われちゃって滅相もないっすよ。

お前なんかもう知ってるから名刺なんていらねーよ、って人でも、
是非、私とお会いする機会のある人はもらってやってください!!
頑張って作ったんで!!でも割とシンプルなんです。
posted by アーサー at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール