2013年08月05日

衝撃の展開、そしてカミングアウト。

えー、まずはここでご報告。

うちの嫁が妊娠しまして。

何となく文面から気づかれた方もいらっしゃったようですが。
嫁の体調が悪かった時期もあって、お知らせできずにいました。
ごめんなさい。
まあ嫁の体調は相変わらずなんだけど、ここまで来たらもう産むしかないので。
ようやく発表です。

嬉しいことはほかにもあって、
従妹と妹は既に先に子供を産んでいて、出産ラッシュ。両方とも女の子。
ちなみに職場でも、ベビー出産のお知らせが相次いでいる。

で、うちの子はといえば。前に行ったときにエコーを見せてもらったときに、
女の子と言われました。90%の確率でと。

時期も近いし、三姉妹だねと。
3人姉妹の末っ子だから、両方からいろいろもらえるねと。
3人で仲良く遊んで欲しいなあと。

で、毎週のように付き添いで病院に付いていってたんですよ。
一昨日も病院に行ったんだけど。
いつものようにエコーを見せてもらったんだけど。

「えーっと、男の子ですね。あれ?私、女の子って言いましたっけ?
でしたら申し訳ありませんでした」

実は、この前の検診では逆子になっていて、性別が分からなくなっていた。
その時に「私、男の子って言いましたっけ?」などと言っていたのでおかしいと
思ったのだが。

ごめんで済んだら医者はいらねえんだよーーー!!!!

「逆子が治ってよかったですねえ〜」

いやいや、それどころじゃねえよ!! 性別変わっちゃってるし!!

で、有無を言わさぬ証拠(♂)を突き付けられて、納得。残りの10%の方でした。

そっかあ、男の子か・・・。

女の子にしては結構お腹の中でちょろちょろ動き回ってるから、
「チョロ子」って呼んでたんだけど、男の子ならそれも納得だ。

嫁も俺もしばらく放心状態。はっ、いかんいかん。
なんか落ち込んでるみたいじゃないか。

無事に産まれてくれれば俺はどっちでも構わない。

嫁と嫁の母親はショックを受けてるみたいだけど。
うちの両親は喜んでました。
別に侍の家柄とかじゃないんだから、男でも女でも構わないんだけどなあ。
途端にうちの嫁が教育ママ宣言したり、風当たりが厳しくなってる感じです。

やっぱり男の子と女の子じゃ育て方が全然違うもんなあ。
産まれる前からプレッシャーかかってるね。

なので、もう気持ちは切り替わってます。
義父さんもキャッチボールしたいって言ってたし。
みんな切り替え早いね。
義父さんは近所の花火大会の会場の近くを車で通ってくれて、盛大にお祝いしてくれました。
ありがたいことです。

ということで、うちの子には英才教育を施して、立派な特撮オタクに育て上げないと。
まずは平成ライダーを全部制覇して・・・。さあ、これから忙しくなるぞ〜!!
posted by アーサー at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール