2015年10月10日

この季節がやってきた。

いよいよ、10月に入るとこの季節がやってきたと思ってしまう。

そう、手帳本です!!(え、違う?)

文具店などでは10月はじまりの手帳が出始めて、
雑誌などでも手帳の特集記事が組まれたり、
新商品の手帳や手帳の使い方のムック本などが出たりするのだ。

で、それらを買い漁る感じ。

というのは、概ね3〜5年の異動スパンで、仕事の内容が頻繁に変わり、
その都度仕事のやり方を見直す必要があるので、仕事のやり方のストックは
豊富であればあるほどいいのだ、という考え。
(とはいえ買い過ぎ感はあるんだけどね・・・)
そういう仕事のやり方ってのが手帳にはダイレクトに反映されるから。

とりあえず、ここ数日、古本も含めて購入した手帳関連の本などは以下のとおり。

「図解手帳術【すぐに役立つ基本&便利技】」(学研)
「成果が10倍上がる 手帳の極意」(学研)
「手帳完全ガイド モノとアイデアで差が付く!!手帳のスゴ技!!123」(晋遊舎)
「ほぼ日手帳公式ガイドブック2015」(マガジンハウス)
「もっと輝く自分を見つける手帳づくり」(宝島社)
「日経ウーマン11月号 毎日が充実する手帳の選び方・書き方」(日経BP)

女子向けのもあるが、あえて購入している。女子の手帳術すごすぎ。
ライフログをあれだけ面白く、楽しく、そしてかわいらしく盛り付けられる
女子の「手帳力」には大いに学ぶところがあるのだ。

過去色々な手帳本を読んでいるが、
手帳本の世界は私は「小技の世界」だと思っている。
手帳の中で「小技」を利かせることで、
大きな変化を生むこともある。
人がうまく手帳を使っているのを見ると、
こういう手帳の使い方(=頭の使い方)もあるのか、と思うこともある。

日々のやることにチェックボックスをつけて管理するいわゆる「TO DO LIST」、
これひとつとっても、自分のやり方が仕事のやり方に合わせて試行錯誤したりして
随分変化してるなあ、と思う。

で、私の今の手帳術?といえば。

マンスリーのうっす〜い手帳(350円!)と5号(A6サイズ)ノートに
手帳カバーをつけたもの。この手帳カバーの隙間にマンスリーを入れて持ち歩いている。
そして、それに付箋メモを活用。
ライフログは付箋メモに書いて、時間がある時に5号ノートに書き写すスタイル。

これらは安上がりだし、コンパクト。
5号ノートも3冊200円程度で売ってるし、コンビニなどでも入手可能。
付箋も100円ショップなどで手に入る正方形の大き目のもの。

このやり方も仕事が変われば見直すが、
基本的には安い文具でまとめるスタイルは一緒。
なので廃版などの心配もなし。

なので毎年この季節が楽しみなのです。
posted by アーサー at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

ずっと気になってたこと。

キリンの缶コーヒー「SUPER FIRE」のCMに
出てくる目が光るロボット。
調べたらやっと「タイタンボーイ」だったことがわかった。

すっとしたー。

「答えがわかって、一瞬、冴える。」
posted by アーサー at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール