2015年04月17日

おもちゃの病院。

息子は今、プラレールに夢中である。

うちの実家の回りには子供が多く、その親からお下がりでもらったものだったが、
段ボール3箱分くらいあり、ほとんど揃っていた。
そして、その中に息子がハマっているきかんしゃトーマスのプラレールもあった。

息子は緑色が好きで、緑色をしたパーシーという機関車が大好きだ。

「トーマス」はまだ言えないが、「パーシー」は言える。
「パー!シー!」と頑張って発音する。
ときどき「シー」が「チー」になっちゃうのは最初に覚えた「パッチン」のせいか。

リビングで広げて遊ばせているのだが、全部のレールを敷き詰めてしまうと、
リビングがプラレールに占拠されてしまうので、レールを8の字に組み立てて、
その中で遊べるようにした。これなら場所も取らないし。

ところがある日。

電車の一つが電池を入れても動かなくなってしまった。
お下がりだからまあ仕方ない部分もあるのだが、
息子が気に入っていた電車だから、電車を目の前に突き出して、
「ん!、ん!」と壊れていることをアピールするのだが、
如何せん私には直しようがなかった。

そこで、以前調べた「おもちゃの病院」に当たってみることにした。

ここは無料でおもちゃを修理してくれるところで
(1家族1個という条件付きの場合あり)、
もし交換部品が必要になったとしても、実費負担で済むのでありがたい。
ここで頼んでも直せなかったら仕方ない。

ということで、近所でやっている開催日をいろいろ調べてみると、
う〜ん、やっぱり平日。
ということで実家の義母さんに頼んで持って行ってもらうことになった。

そして修理は終わって、無事に帰ってきた。
(というかむしろパワーアップして帰ってきた)
接触不良で、ネジをちょっと調整したら直ったらしい。
ということで無料。
義母さんの話によると、結構な歓迎ムードだったらしい。
こうした取組をもっと知ってもらいたいとも言っていたらしい。

確かに、私や義父さんが直せなかったものを簡単にネジを調整しただけで、
しかも無料で直してくれるんだから。ありがたいことです。

うちの息子は取扱いが乱暴なので、なおさらありがたい。
ガチャーンとか床にぶつけるし。床に傷がついて嫁も激怒。

ということで。

おもちゃの病院。リンク貼っときます。

posted by アーサー at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール