2015年03月18日

書けないネタ。

ちょっと愚痴っぽいけど。

いくら仕事の上でネタとして面白いことがあっても、
ここに書けないことはたくさんある。

そうすると、勢い子供のことばかりになってしまうのだが、
本当はそれよりもこっちを書きたいのに!って思うことが多い。

で、そういうのは大抵、嫁に話してしまうとスッキリして忘れてしまう。
そういうのを創作ネタみたいに溜めておけないかなあとも思う。

でも、シチュエーションがあって、その中に私がいて、それで面白いってこともあって、
それをネタにアレンジしてしまうと、面白さの質が変わってしまったり、面白くなくなってしまう。

まあ、料理人の腕のせいではあるのだが。

そんな日々を過ごしていると溜まってくる。

ぶちまけられたらどんなに楽かと。

でも無理なのです。職業柄。

前の職場も、今の職場もそう。
ほんと、墓場まで持って行くってやつだね。

なんか勿体ない気もするんだけどね。

1つ1つは日々の他愛ない出来事なんだけど、
人に話してみると結構そうでもなかったりする。

だから、ある出来事があって、自分がそれを面白いと思ったら、
本当にそうなのか確かめてみたいという気持ちになる。

そういう確認作業ができないのももどかしい。

ねえ。これって本当に面白いよね?

共感と確認。

コミュニケーションの底にあるようなものなんだけど。

そんな自由をすら奪われてしまう職業なんだなあとしみじみ不自由さを感じております。
それが辞めても続くってんだから因果な商売だ。(商売じゃないけど)

で、これが仮に、「ねえ!どんなことがあったの?教えて!」
なんてメールで聞かれたりしても、
もちろんここに書くよりはある程度言えることもあるけれど、
でもそれでもあえてメールで詳細に伝えるようなものでもなかったりする。

ま、その程度のものなのかもしれないけどねえ。

大したものを墓場に持って行くことはなさそうだ。

なんか変な悩み。
posted by アーサー at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール