2015年02月28日

アバンギャルド〜?

最近のおもちゃはとても考えられている。
使いやすくて安全安心。

口に入れても安心なクレヨンや粘土。
ぬりえ一つ取っても、最近は汚さないように、水を入れたペンで色が出て、
その勢いで床にはねても、床が汚れないという便利な代物だ。

最近トーマスにハマっている息子に、その水で色が出るぬりえを買った。
喜々としてペンを持つ息子。
だが、ペンがうまく持てない上に、関係ないところをペンでなぞる。
カレンダーとか。ああ、やっぱりこのタイプのぬりえにしてよかった。
まあでも、ペンで紙をなぞると色が出るというのはわかったようで、
細い線ながらも、ペンで書いていく。

そしてある日。

いつも鼻をたれている息子が、この日もぬりえをやりたいとせがむ。
まだうまくペンが使えず、点を打つようにペンを押し付けるだけの息子。
それでも、白いとはいえトーマスがいることはわかるし、
ちょこっとでも色が出ると嬉しいのはわかった。

そして。

ぶっしょい!!

と、くしゃみをかました息子。

勢いよくしぶきが飛んでいく。汚いなあとぬりえを見ると。

息子がペンで書いたのより勢いよく色がついていた。
くしゃみで塗り絵。

新たな芸術誕生の瞬間である。
当の本人はすぐ飽きて他の遊びに行ってしまったけど。
さーて、芸術を乾かすか。

追伸:息子が最近覚えたバイバイの挨拶が好評だ。
私がダメージを受けた無差別バイバイは段々なくなってきた。
使い方もわかってきた。ご飯がなくなるとお皿にバイバイ。
お出かけ前に玄関に飾ってある亀にバイバイ。
結構こまめにバイバイを使う息子。
特にアイツはファミレスのお姉さん店員さんが大好きで、
食べ終わって片付け始めたお姉さんに向かって「バイバイ」とやるもんだから、
お姉さんが「カワイイ〜♪♪」となる。ああ、ヤツの作戦にハマっている・・・。
(私はまだ男の店員さんにやっているのは見たことない)
先日も新幹線で寿司を運ぶ某回転寿司屋に行ったところ息子は大興奮。
そして店員のお姉さんにも「バイバイ」。「カワイイ〜♪♪」

ああ、ヤツは満足だろうよ・・・。

でも嫁は、私の顔と見比べながら、「いずれはこうなるんだよなあ・・・」
と今から凹んでました。なんなんだよ!
150228_092613.jpg
↑息子がバイバイする玄関の亀。
posted by アーサー at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

トーマスにハマる。

今、我が家では「きかんしゃトーマス」がアツい。

息子がどっぷりハマっていることもあるが、段々私と嫁もハマりつつある。

というのも、トーマスの世界観が「役に立つ仕事」をする、という目的のために
機関車たちが頑張っているというものなので、これが大人にも響くものがあるのだと。

検索するとブログでも同じような考えを書いたものがいくつか見受けられた。

ホントに、トーマスでビジネス本が書けるんじゃないか、ってくらい実は奥が深い。

最近放送した、ヒロとヘンリーの話でもそうだった。

彼らの燃料は石炭だが、その石炭の質が悪いものだった。

通常の白い煙ではなく黒煙を上げていかにもヤバそうな感じ。
何か変な音が出だしたりするし。
それでも質の悪い石炭でも頑張って走ろうとするヒロと、
新しい石炭が届くまで自重しようというヘンリー。

でもヒロには運ばなきゃいけない仕事があって、
「何があっても走らなければ」みたいな頑張りを見せる。
でも、ヘンリーはヒロと荷物を置いて機関庫に帰ってしまう。

多分俺ヘンリー派(笑)

でも、ヘンリーが俺と違ってたらーっ(汗)えらいのは、
ヒロが本来の力が出せない状況で、半分ずつ運ぶとか知恵を絞って頑張ったのに、
自分は機関庫で待っているだけだったのを反省して、
動けなくなってしまったヒロの分まで頑張ったこと。
そして、その頑張りをヒロに教えられたおかげだと言ったこと。

こういう熱い友情ものに、俺、弱いんだよなあ〜。

というような感じでどっぷりハマっています。
そしてヒロの声は我らが玄田哲章さん。渋すぎる声にハマります。

「私は鉄道の達人だからね」

うお〜っ!!その通りだぜ〜!!(信者)
あの渋い声で情けないセリフとかギャップがすごすぎます。

個人的には「いたずら貨車たち」が大好きです。
とにかくいたずら大好き。まあどれもこれもナイスなキャラたちです。
今放送してるEテレだけでなく、家族でどっぷりYouTube。いい時代だ。

追伸:今日はチャーリーの登場する回だった。
チャーリーさんのブログでも紹介されていたが、
アーサーという機関車もいるのです。
しかし、機関車のアーサーと私とは似ても似つかぬキャラクター。
向こうは役に立つ仕事が大好きな上に「かんぺきなきろく」の持ち主らしいが、
私は「かんぺきなてぬき」の持ち主らしい(?)

追伸2:とりあえず70周年の記念本を買うことにした。
なんだかこのお値段ですごいスペックなんですけど!
トーマスおそるべし。

きかんしゃトーマス 70th anniversary (学研ムック) -
きかんしゃトーマス 70th anniversary (学研ムック) -
posted by アーサー at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

記録。

手帳に記録をつけている。

今まではマンスリーでその月の予定を書き込むだけだったが、
たまたま入った100円ショップに売っていたグリーンオーナメントの手帳が、
マンスリーとウィークリーがセットで便利だったので思わず購入。
プロジェクト管理ができるダイゴーの手帳も買ったんだけど、
まだ息子の予定はそんなに入らないし、まだ早かったかな。

んで。

その手帳に何を記録しているかというと。
その日の夜に、その日どんな仕事をしたか、何時間残業したか、
そして、息子がどんなことをしたかをメモ。

何ができるようになったか。どんな遊びをしたか。
スペースが限られているのでそんなにたくさんはメモできないけれど、
日々いろいろ変わり続ける息子の成長過程を残しておこうと。
写真も悪くないんだけどね。

積木が9段まで積めるようになったとか、
初めて言葉を話せたとか、
トーマスを見ながら、私が「シュッシュー」というと、
「ポッポー」と言うようになったとか。

・・・いろいろ芸を仕込んでます。にやり

今の流行りは「バイバイ」。

でも息子よ。バイバイは確かに挨拶ではあるが。
帰ってきて会ったばかりの俺が言われると、
ヤツのブームだと分かってても結構へこむ。

いらない子か俺は。

追伸:昨日ちょうど40になりました。人生の折り返し地点(?)
振り返ってみると・・・、まあ、よかったかなあ。
大きなことはやってないけど、平和に日々過ごせているかと。
あとは製造責任者として息子を無事「大人」にすること。
自分が20年間では「大人」になれなかったから、
まあ少なくともその期間は面倒みないといけないのかなあ。
自分の息子には、自分で飯が食えるようになるまで「大人」とは認めないから、
まあ仕方ないか。
posted by アーサー at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール