2017年04月16日

イヤイヤ期(主に特撮方面からの考察)。

不定期更新で恐縮ですが。

イヤイヤ期真っ只中の息子。
「おのれ、ディ(以下略)」状態にもようやく慣れ、
ネットなどでイヤイヤ期に関する情報もいろいろあって、
それほど息子に対しイライラすることも少なくなってきている。

まあ、簡単に言うと、「妥協点を探る」ということに尽きるのかもしれない。
多分、イヤイヤする時って構ってほしいときで、
でもそれを親が家事などをしていてできないとき。
家事が終わるまで待ってて、とか、他のおもちゃで遊んでて、とか。
そして、手は動かしつつも、マメな声掛け。した約束は守る。
だから、人として当たり前のことを子供に対して念入りにやる、
ということなのかもしれない。
一気に家事を片付けたいときは、息子が催促しても、ベタベタ付いてきても、
そのまま家事をやり続ける。
その代わり終わったらたっぷりと遊んでやる。要はメリハリなのかもしれない。
息子もその辺は段々分かってきていて、構ってほしくて言い続けるけど、
かんしゃくを起こしたりはそうそうない。

そして、ここからが本題。
最初のうちは、服を着てとか何かをやって〜、と頼んでも、気が乗らないと、
「○○じゃない!」と怒っていた息子が、ある特撮番組を見て変わった。

「○○じゃなくて☆」「あげぽよ〜ん☆」

そう。キュウレンジャーのバランス。
あのチャラ語が、意外や意外、いいクッションになっているのである。
それをイジってやると、だんだん息子も気分が良くなってきて、
しょうがねえやってやるか、となって結局やってくれるようになる。

まあ、まだ「○○じゃない!」と声を荒げることもゼロじゃないけど、
そこにワンクッション入ることで、確実に関係は作りやすくなっている。
何がどこで役に立つか分からないから面白い。

以上、一見真面目なバカ話でした。シクヨロ〜☆
posted by アーサー at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

初めてのGロッソ。その4。

いよいよ握手会と撮影会。

握手会は、舞台の上に再登場したジュウオウジャーたちに、
順番に子供達が舞台に上がって流れ作業的に握手していくものだ。
その間、付き添いの大人は、あらかじめ席移動によって空けられた
最前列を移動しながら追いかけるようにして撮影。

あっという間に握手会終了。

ほっとする間もなく次は撮影会。
ジュウオウイーグルの周りに立つようにして、
写真撮影。イーグルへのポーズ要求はできませんので、
念のため。会場にはオモチャの武器がちゃんと用意してあった。
わざわざ家からイーグライザー持ってこなくてよかった。
息子はホエールの武器をチョイス。
あれだけ普段写真を嫌がって暴れる男が、
大人しく写真に収まっていた。すげ!

ま、でもここまでが限界だったのかなー。
その後のヒーロー写真館では、ジュウオウザワールドの衣装を
まとったものの、表情は相当疲れた様子。
そして終わって、ベビーカーに乗った途端ダウン。
まあでもよく頑張ったよ。
大人たちもここでようやく一息。嫁はソフトクリームをパクリ。

帰りに新幹線を見て興奮する息子を見ると、
ジュウオウジャーショーのコスパについては、
考えさせられるところはあるが、まあ楽しんだということで。

ひとまずこれにて一件落着。
posted by アーサー at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

初めてのGロッソ。その3。

ショーは盛り上がり、いよいよ佳境へ。

ジュウオウジャーが会場のみんなからパワーをもらって、
さあ、名乗りだ!というところで。

最前列にいた我々とかぶるように待機する、
デスガリアンの面々。おいおい、名乗りが見えないよ!!
特にアザルドさんが仁王立ちすると俺が立っても見えないし。
かといって彼らもしゃがんで待ってる訳にはいかないのだろう。
名乗りのシーンはかぶってしまいよく見えなかった。残念。
しかし、それ以外は迫力のシーンの連続で息子も釘付け。

最後はみんなでもう一度EDのダンスを踊って終了。
しかし、ショーは終わったが、握手会、そして写真撮影と、
まだまだイベントは続く。

このレポもまだ続く。
posted by アーサー at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール